it's an endless world.

グロースをデザインするひと

『Dance Express vol.2』

筑波大学ダンス部presents Dance Express vol.2 -つながる 広がる ダンスの輪-』を観てきました。タイトル長ぇ。
筑波大のダンス部が中心になってやっている、筑波大やつくば周辺のダンス関係を集めて発信していこうというステージです。今年で2回目。


去年も観に行ったけど、この公演の何が良いかって様々なジャンルのダンスが観れること。
普段、ダンス部がやってるコンテンポラリー・ダンス(この言い方あまり好きじゃないけど...)とかだけじゃなく、ストリート系からクラシックバレエから社交ダンスから。
ストリート系のを観に来た人がコンテンポラリー観て感動したり、社交ダンスしか普段あまり目にしない人がクラシックバレエに触れたりする機会が生まれるのは非常に有意義だと思ふ。



個人的な感想としては、今回は体操部のが良かったな。
いつもはラート使ったりジムボール使ったりの演技だったけど、今日はその身ひとつでパフォーマンスを見せてくれました。身体能力高すぎ。滞空時間長過ぎ。もしかしたらラートでもジムボールでもない筑波大体操部のステージ作品を観るのはもしかしたらこれが初めてかも。その意外性もありけっこう印象深い。


あとは、去年のたまごでも観たダンス部のコの作品「ごく小さな生き物」が改めて良かった良かった。前に観たときよりも洗練されてた気がする。プロの舞台として出しても充分なほど。短い作品なんだけど、妙に情報量が多い。でも全然ごちゃごちゃしてない。一緒に観に行った彼女様もこの作品が一番印象深かったそうで。


トリネタのダンス部作品「そらは…かわらない詩」もさわやかで良い感じでした。

広告を非表示にする