読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

it's an endless world.

グロースをデザインするひと

『テクノロジー万歳』

先日の日記にも書いたコーンポタージュさんの公演へ行ってきました。

小芝居集団コーンポタージュ 夏の全国ツアー'07
『テクノロジー万歳』 つくば凱旋公演

日曜日の21時半からの公演。

もともとは土曜20時と日曜19時の一回ずつの公演の予定だったけどwebからの事前予約が殺到し、はじめは日曜日15時に、それでも足りずに日曜日21時半に追加公演を行う事になったらしく。
一日三回公演って...
死ぬよ?


公演内容は、開演前の即興の人形劇に加え、
・3×4
・BETA PAGE
・ヤドクガエルの冒険
・Tハイツ
・じゅうどん
の5作のオムニバスで。


それぞれ各作品の感想は割愛しちゃいますが全体として充分に大満足。
お腹いっぱい。

やっぱり、コンポタさんはその独特の「ゆるさ」がステキです。
「ゆるさ」のセンスがステキ。

これから先もその「ゆるさ」を極めていって欲しいもんです。


ホントに、滑舌が良くならなくても良いしgdgd感を残したままでも良いと思う。
変にシャキシャキしちゃうとダメな気がする。
ニコニコ動画ねーちんがもし変に歌が上手くなっちゃったら魅力が半減しちゃうのと似てるかも。

出演者のペスさんが公演後にさすがの一日三回公演の三回目で「疲れが出てけっこうトチっちゃいました。ごめんなさい。」と言っていたけど、オーディエンスとして観てる側としては別にどうでも良いわけで。
舞台上で起った事は全て演出です。
もともと、コンポタさんの作品の中にわざとトチるシーンもあるしね。
素っぽいところが見えたりとかも。

それはそれでラーメンズの小林さんが「アドリブっぽく見えてる所も全て演出です。脚本にあります。」と言い張ってる感じで(まぁラーメンズはそれが割とマジっぽいってのが小林さんの恐ろしいところですが)、コンポタさん独特の「ゆるさ」をそういう味の演出として極めていってもらえれば、と。
gdgdに見えるところも全部演出です。全部わざとやってるんです。」とかね。

もちろん、本当にその「ゆるさ」を演出として極めるためにはかなりスマートじゃなきゃ難しそうな気もするけど。


と散々に勝手なことを言ってみる。

でも何度も言うけど本当にそのコンポタさん独特のステキな「ゆるさ」を演出として極めて欲しいなー。
3/16の公演も楽しみです。@プーク人形劇場in新宿


そういえばこの前も紹介したコンポタさんのポッドキャストの最新号で、aoiさんのメールが紹介されてたwww
また通勤中にiPodで聴いてて一人で笑っちゃってました。
そしてこのブログの話も。
見つけた経緯とか。
案の定、見つけてコメントいただくまでに空白の時間があったらしいこととか。

aoiさん、スペシャルゲストに呼びたいなとか言われてたー。
良いなー良いなー。オレもちょっと出てみたいかも。
でも、緊張して何をどうすれば良いかわかんなくなりそう (´・ω・`)




話は変わってコンポタさんの公演後。

某友達カップル&某元カノさんの4人で観に行っていたんですが、その後、公演の余韻にひたりつつ飲み屋に行って閉店まで飲み続け、さらにその友達の家に行って6時近くまでひたすらに飲みまくってました。

今日普通に仕事だったのに...orz
1時間強の睡眠時間で強行出勤。
ちかれた...

4人で盛り上がりすぎですって。
楽しみすぎた。
恋愛話とエロ話で。
重たい恋愛話と重たいエロ話で。

ふにゃぁ。