読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

it's an endless world.

グロースをデザインするひと

『ミサイルマン―平山夢明短編集』

ちょうど半年前くらいにレビューを書いた『独白するユニバーサル横メルカトル』の作者、平山夢明の新刊。
前作に引き続き文庫化を待てずにまたもやハードカバーで買ってしまいました。
ミサイルマン

うん。
あいも変わらずグロいグロい。


収録作品
・テロルの創世
・Necksucker Blues
・けだもの
・枷
・それでもおまえは俺のハニー
・或る彼岸の接近
ミサイルマン


どの作品も飽きることなく読める良作ばかりだったけど、個人的に気に入ったのは次の4つ。

「テロルの創世」
ストーリー的には一番好き。
真っ当なSF作品。
残酷ですが。

「枷」
拷問描写が秀逸すぎる。
エロい。大変。
今回の中では一番好きな作品。

「Necksucker Blues」
男の血を吸う女の話。
コレも血を吸う描写がエロいエロい。
吸われたい。

「或る彼岸の接近」
ちょい小林泰三っぽい感じでした。
クトゥルーっぽい感じ。
ラストがキレイ。


あと、表紙がベクシンスキーなのも何気に高評価。