読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

it's an endless world.

グロースをデザインするひと

MISFIT SHINE 2をゲットしました。

review gadget

f:id:headless_pasta:20151109212056j:plain
先月末にMISFITから発表されたSHINE 2を買っちゃいまいた。
japan.cnet.com

先週の水曜日に発売開始のメールが来てすぐにポチって昨日到着。早い。

使いはじめてまだ丸一日もたってない状態でレビュー書くのもどうかと思いますが、ファーストインプレッションを残しておこうと思います。


先にMISFIT FLASHの話

その前に。
実は、今年の8月にも同じMISFITの同じような商品である、FLASHを買って使ってました。

こいつ。
f:id:headless_pasta:20151109212947j:plain
リアル友人の中には俺がつけているのを見たことある人もいるかと思います。

こいつは本当に素晴らしいデバイスでした。

運動量計はiPhone自体がその代りになるから別にいらないんですが、睡眠のログも取りたいなと思い、前から睡眠計として良いウェアラブル端末は何か無いかと探していました。
Apple Watchも発売当初はちょっと購入を検討しましたが、本当に必要かどうかも分からないものに50,000円以上出すのはかなりハードルが高く結局見送り。

そんな時に見つけたのがこのFLASH
もちろん、Apple Watchに比べればできることも少なく通常は比べるべくもないデバイスだとしても、自分のニーズにはぴったりでした。

FLASHの魅力

軽さ

Apple Watch(42mmモデル)が50gあるのに対し、こっちは6g。軽い。軽すぎる。
購入前に「つけているのを感じず、どこかに忘れてきたんじゃないかと不安になる」というレビューを見てさすがに言い過ぎだろうと思ったんですが、マジでそんな感じです。

電池の持ち

Apple Watchがほぼ毎日充電が必要なのに対し、こっちは3〜4か月。圧倒的。
充電式のバッテリーではなくボタン電池を採用しているので、充電切れを心配せずに使えます。

そもそも、睡眠計を探していた時に一番の懸念点だったのがこの部分。
毎日充電が必要なデバイスだと寝ているときに充電することになりそうだし、そうなるとそもそも睡眠計に使えないじゃん!と。
このFLASHではその心配は全くありません。

睡眠計

ほかの睡眠計をしっかり使ったことがないのでなんとも言えませんが、キレイにとれてるっぽいです。
専用のアプリでこんな感じで表示される。
f:id:headless_pasta:20151109221721p:plain
寝るときに自分で「寝る」ボタンとかを押さなくても自動的に睡眠だと認識してくれるのも嬉しい。前に使っていたアプリだと、飲んでるときはほぼ確実に押し忘れちゃってたし。

値段

そして何よりその、5,000円を切るというその価格設定。
Apple Watchの1/10の以下ですよ。頭おかしい(褒め言葉)。
これだったら、最悪まったく使いものにならなくても諦めはつく値段。

その他

あと地味にIFTTTに対応しているのも面白かったです。
俺はあまりIoTまわりにまだあんまり興味がなく、これでエアコン操作したり電気消したりドアの鍵を開けたりみたいなことはしてませんでしたが、とりあえずFLASHを3回押すと自分のTwitterアカウントに「おっぱい」と呟かれるのだけは作りました。地震のときに捗る。

FLASHの大きな問題点

繰り返しになりますが、こいつは本当に素晴らしいデバイスでした

過去形でしか言えないのが悔しい。

何がダメだったか、ダメになったかというとBluetoothの接続まわり

とにかく切れる。そしてなぜか再接続できない。全然できない。

使い始めた当初は大丈夫だったんですが、1か月くらい使ってる間にいつの間にかこんな感じに。

俺だけの問題かなー、と思ってたんですがネットで調べると同じような問題を抱えている人もけっこういるようです。
ちなみに、そのせいかAmazonのレビューも発売当初は高評価が多かったのに、今はボロボロになっているみたいです。

ソフトウェアアップデートが来れば解消されるかなー、と淡い期待もしていたのですが全然解消されずそのまま。
Bluetooth以外の点は本当にお気に入りだっただけに、実質ほとんど使えなくなってかなり残念でした。

そこで出てきたSHINE 2

ようやくSHINE 2の話。

一番最初に貼ったSHINE 2の発表記事を読んで個人的に一番ヒットしたのがここ。

Misfitによると、Bluetoothの有効範囲がこれまでより広がり、少し離れた所でも同期するようになったという。

どういうレベルかわからないけど、どうやらBluetoothまわりに何らかの改善が入っている模様。

n回目の繰り返しになりますが、FLASHが本当にそれ以外は良いデバイスだったのでこの文章を信じて購入を決意しました。

FLASHとの違い

まだ一日も使ってないですが、公称スペックも含めてFLASHとの違いをいくつか

Bluetooth接続

今のところ、全く問題なさそうです。
この状態が長く続いてくれれば何より……。

バイブレーション

バイブレーション機能がつきました。
電話の着信時とかApple Watchみたいに長時間座っているときにバイブが鳴る機能は正直あまりいらないけど、目覚ましに使えるのは嬉しい。

ただし、目覚ましの設定に「平日のみ」の設定がないのはちょっと残念。休日はゆっくり寝たいんや。アップデート期待。

LED

単色から多色になりました。
明るいところでの認識もちょっとしやすくなったかも。

IFTTT連携

FLASHでは2回クリックと3回クリックの2種類を登録できたのに比べて、こちらは1種類のみ。
3回クリックのみでなんかできる模様。

重さ

さすがに、バイブ機能もついちゃったしちょっと重くなった模様。FLASHの6gに対してこちらは8.5g。
でも、つけてみた感覚はFLASHと全然変わらんです。相変わらず軽い。つけてる感覚あまりない。

値段

こちらが一番変わったところかな。
2倍の10,000円強に。それでもApple Watchと比べると随分安い。

まとめ

使って一日目のレビューとしてはこんな感じです。
本当にがんばってくれ、俺のSHINE 2のBluetooth接続。

追記

2週間使ってみた感想をこちらに。
migi.hatenablog.com