読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

it's an endless world.

グロースをデザインするひと

『ソーシャルネットワーク』

movie review

映画館で公開中の『ソーシャルネットワーク』を観てきました。さっき。
前からいろんなところで試写会は行われてたので評判の良さは前から耳に入ってて楽しみにしていたところ、先週末の公開後ようやく今日観に行けたという感じ。


感想としては、とりあえずめちゃくちゃ面白かった!
アクションシーンがあるわけでもないのに飽きが全く来ない2時間。
ワクワクしたしドキドキできた。


序盤の一晩でFacematchを立ち上げる部分はプログラマ(に憧れる非プログラマ)が燃えるシーンだとは思いますが、それ以外は基本的にITがどうのこうのって話じゃないのでWebに詳しくない人でも充分に楽しめると思います。
Facebookと、ついでにNapsterがどういうサービスかってことは基礎知識程度に軽くおさえてた方が良いとは思うけど。
あと、アメリカやイギリスの伝統的な大学にあるクラブ(オレも詳しくは知らんが特権階級の集まり・秘密結社的な何か。ハーバードのFinal Clubとか。)のことも「そういうのがあるんだ」くらいに知っておいたほうが観てて「( ・ω・)?」ってならずにすむかと。


シナリオ自体は「彼女にふられた男がその悔しさをバネに…」的な感じになってるけどそれはマーク・ザッカーバーグ自身には否定されている模様。あくまで物語の演出ということで。
しかし、彼女とのトークシーンにおけるアレっぽさと自分のサイトにF5アタックかけるCEOの図は非常に素晴らしかったですけどね。それだけでオレ評価が星一つ分くらい上がってる気がするw


とにもかくにも、個人的には評判通りの期待以上の作品でした。
デヴィッド・フィンチャーのあの笑いのセンスが好きなのであればさらに文句なしにオススメできる作品。『ファイト・クラブ』で存分に笑えた人はぜひ。カメラアングルとかカット割りも好き。


原作の本もAmazonでさっそくポチっちゃいました。

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)

フェイスブック 若き天才の野望 (5億人をつなぐソーシャルネットワークはこう生まれた)