読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

it's an endless world.

グロースをデザインするひと

SymmetryS

review

SymmetryS

SymmetryS

昨日、こんなニュースを発見。
『スネークマンショー』の2008年版? 話題のSymmetryS
何だろうとか思いつつ見てみたら。
ん?
小林賢太郎×Fantastic Plastic Machine!?


ナ ナンダッテー!!
 Ω ΩΩ


なんたる組み合わせ。こんなプロジェクトが進行してたなんて全く知りませんでした。
オフィシャルサイト
小林さんの言葉を組み立てる能力+「オレ、ラッパーになれるんじゃね?」*1な才能とFPMが結びついたら一体どうなるのかが興味しんしんで、今日そっこーで買って来ちゃいました。



感想。


とりあえず「No Message Rap」が(・∀・)イイ!
3分強の曲なんですが最初から最後まで「ah」か「yo」か「yeah」しか言ってない。馬鹿すぎるw
でもちゃんと曲になってるのが凄い。
iTunesでも試聴できるんでこれはぜひ一度聴いて欲しいでつ。
カラオケで歌いてぇwww


あとは一曲目の「Sex」がオレ的には大ヒット。
単純にダンスミュージックとしてカッコいい。
ひたすらに「Sex」って言っちゃってますが。


イデア賞なのは「Record of Records」。
最初は意味が分からなかったけど。
きっとUNIQLOCKのを見て小林さんが思いついたんだろうな。
あ、UNIQLOCKの音楽も入っるよ。


ネットでレビューとか見てると「卒業生イン・ザ・ハウス」も評価が高いみたい。
小学校の卒業生の挨拶をラップにしてみました、という作品。



そんな感じに全体的に好評価なんですが、欲を言えばもうちょい小林さんの言葉遊びが見たかったかな、と。
とりあえずコバケン×FPMって聞いただけでヨダレが出ちゃう人は買うべし。
そうじゃない人にも一度は聴いて欲しい内容かな。
まぁでも、お二人の凄さを改めて実感。
続編に期待大。

*1:cf)第12回公演「ATOM」より『採集』

広告を非表示にする