it's an endless world.

グロースをデザインするひと

『姉飼』

※昔、mixiのレビューで書いてた分を転載。

姉飼

2003年の日本ホラー小説大賞受賞作。

特徴としては全体に流れる、椎名誠怪奇SF小説を思わせる異常さ。異様さ。
そして、それプラスに「姉」を痛めつけるときの猟奇的な、サディスティックな描写。そのエロさは大石圭のホラー小説にも通じるところがあるかも。ステキ。

痛い系の描写がダメな人、痛い系の描写にエロスを見出せない人には正直オススメできませんが、そうでないひとには充分にオススメできる作品です。

でもまぁ、見様によっては純愛モノです。
切ない。


ちなみにこの作者さん、『プラスチックの文化史―可塑性物質の神話学』『ポスト・ヒューマン・ボディーズ』『溶解論―不定形のエロス』『ケミカル・メタモルフォーシス』なんて評論も書いてるそうです。かなり気になる。読んでみたい。
むしろこっちが本業なのか?

広告を非表示にする