読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

it's an endless world.

グロースをデザインするひと

『Blue Spring』

鑑賞(旧)

今日は新国立劇場まで広崎うらんさんプロデュースのダンスプロジェクト「REVO」の新作の『Blue Spring』を観に行ってきました。

いやー、相変わらず凄かった。
良かった。

まず「ネタ」に走らず、各人の「キャラ」を徹底させることで質の高い作品を生み出そうとするうらんさんの作風が改めて強く感じられました。

そして、前作前々作と同じく恩師の平山素子先生も出演されていたんですが、平山先生の表現力にも感服。
よく、ダンサーは「重力を操る」と言いますが、まさにその通り。
知っているからという贔屓目無しにでも、周りのダンサーさんより目立っていたと思います。

前々作で馬のマスクを被らされていた時の方が周りとのバランスが取れていて良かったかもとか思っちゃいました。

また、今回の作品はタイトルの通り「青春」がテーマだったんですが、埼玉ゴールドシアターのおじいちゃんおばあちゃんダンサーさんたちが使われていることで作品の重みがかなり増してるな、と。
あれはおじいちゃんおばあちゃんがいるのといないのとでは大違いだったかと。


まぁとにかく、プロの仕事を見事に観せつけられました。


ただ、今回はテーマが「青春」ということで、「ランデブー」というタイトルで「男女の出逢い」をテーマにした前作前々作の方が個人的には好きだったかも。

来年の作品にまた期待です。



さて。
その辺のことはさておきさておき。

平山先生が十代の女の子(しかもかわいい系)を演じてたのはテラモエス。
なんだ?あの可愛さは?
御歳○歳で全く無理がないあの演技は凄すぎる。

広告を非表示にする