読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

it's an endless world.

グロースをデザインするひと

サイレントヒル2

先日の日記サイレントヒルの映画の話を書きましたが、今日はオリジナルのゲームの方の2の小説版の話を。


この、サイレントヒル2。
操作性やら何やら、ゲームとしてはいまいちなんだけどストーリーが秀逸なことで知られてます。

サイレントヒルシリーズ自体、世界観が、そしてそこに内包されるストーリーが凄いゲームなんだけど、そのシリーズ中でも特に素晴らしいのが2。


その小説版が出ていたんで、買って読んでみました。



結論から言うと、ラストでマジ泣き。
電車の中だったのに普通に涙を流してしまいました。

切ない。

最近そんなに精神的に不安定ってわけでもないのに。

かなりきてしまいました。





愛と罪が集う街、サイレントヒル

素晴らしい。
2はこのキャッチコピーが一番しっくりくる。

アマゾンでレビュー見てみたらみんなかなり絶賛しちゃってるし。



これで操作性良かったらな...

まぁでも、小説版の完成度はかなり高いしもうこれでいっか。

広告を非表示にする